メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

トップページ > 行政情報 > 町長の部屋 > 町長の思うこと > 令和3年度 > 令和3年11月15日 板倉町防災会議の挨拶

令和3年11月15日 板倉町防災会議の挨拶

更新日:2021年11月16日

こんにちは。朝晩の冷え込みがまさに初冬を感じる昨今ですが、皆さまにはお元気でお過ごしのことと存じます。

さて、2年間にわたって初めて経験する伝染性新型ウイルスの対応を迫られ、精神的、肉体的、社会経済的に大きな代償を伴ったコロナ災害の状況も、重ねた努力と国のワクチン施策に対する国民の協力のおかげをもちまして、ようやく沈静化の明るい兆しが見え始めている今日この頃であります。

依然として第6波への心配もありますけれども、なんとか久しぶりの静かな年末、明るい年始、そして終息へ向かってくれればと、今後の薬品開発や3回目のワクチン接種などの医療等の充実、あるいは総合経済対策等の期待をしながら、町政運営を行っていく所存です。

今年も残り45日のところまで来ており、各委員の皆さまにはご多忙の中、防災会議にご出席いただきありがとうございました。皆さまには防災会議条例に基づき、各分野代表の方々を選任させていただきました。

本日の会議は、近年の地球温暖化による大規模災害の多発を受け、国において都市計画法の一部が改正されたことにより、洪水ハザードマップにおける想定浸水深が一定以上(3メートル以上)の市街化調整区域内の開発が制限されることとなりました。

町内の約9割が市街化調整区域の当町においては、大きな影響を受けることが想定されるため、町民に大きな影響が生じないよう対応する必要があります。

そのために現状の地域防災計画の一部改正する協議をお願いするものでありますので、委員皆さまには事情をご理解いただき、ご意見を賜りたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

  • 総務課 秘書人事係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6121)
    ファクス:0276-82-1300
  • お問い合せ