文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 行政情報 > 町長の部屋 > 町長の思うこと > 平成28年度 > 平成29年1月29日 板倉町賀詞交歓会 第二部挨拶

平成29年1月29日 板倉町賀詞交歓会 第二部挨拶

更新日:2017年05月31日

 先程は福冨様には長時間御講演を頂きありがとうございました。金融界かつ永い海外活動経験から得られた体験を踏まえタイムリーな聞き応えのあるお話しを頂きありがとうございました。又、ご自宅跡地に別荘も完成したとのお話しも伺い、第2の拠点として故郷板倉の為にお力添えをお願い出来ればと思います。福富様の益々のご健康での御活躍を祈念申し上げます。

 さて、皆様には「自然と近代化、環境に配慮した学園町板倉」のまちづくりの為に公職を通し、或いは経済活動を通し特段の御協力を頂いておりますこと町民を代表してお礼申し上げます。

 又、将来を見据えた、新行政区制もスタートし、町の大事業であります八間樋橋線の全線改良も完成、そして354板倉北川辺バイパス完成も平成29年度中、お騒がせしました役場建設も平成30年6月を目途に着手され、合併協議会も発足し協議を開始しており、小学校再編も具体化に向けて慎重に進行しております。並行して推進されてきた広域事業も厚生病院改築完了、3市5町水道企業団の事業開始、広域ゴミ処理も試験焼却開始、広域消防本部移転を含む広域防災拠点の具体化も同じく計画通り進行している状況であります。町内に於ける企業商業誘致も現時点でニュータウン関係で操業開始7社、建設中3社、設計中2社、契約手続中3社、商業地進出1社、商談中7社と成果を上げており、引き続き誘致活動に全力を上げております。中でも複数の食関連企業さんに於きましては、地元農家とのコラボレーションを踏まえ6次産業化に向けて具体的な取り組みを始めていただいており、今後の当町の農業展開の新たな息吹として期待するところであります。

 1月8日、193名の方が当町成人式を迎えられました。一方、昨年の出生数は58名でありました。20年後の成人式は60名前後ということです。どの自治体も例外ではなく、これから少子高齢化が想像を絶する形で進行し、大変な状況になる訳であります。このことに対する改革を加えていかなければ当然行政として行き詰まることは容易に想像がつくところでありまして、この大きな課題に皆様方と全力で取り組まなければなりません。

(1)人口の増加策 (2)財政の強化 (3)組織・機構の働き方改革 (4)医療・福祉の充実 (5)新しい価値観の創出 (6)合併を含む自治体の行政改革 (7)右肩下がりに対応出来る政治感覚の育成

など、真剣に議論すべき問題が大きく横たわっていると言えようかと思います。昨年の英国のEU離脱宣言以来、トランプ大統領の就任或いは今年行われるフランス・ドイツ・イタリア等の国政選挙は保護主義傾向が強まるとの予測も流れており、民主主義、自由貿易主義圏にとりましては激動の年の可能性も言及されています。当板倉町に於いては前述の政策を根幹に置きながら施策展開をいたしたいと思いますので宜しく今年もお願い申し上げます。

 本日は皆様全員ご来賓ですが、笹川先生、川野辺・本間両県議、東洋大学大熊常務理事に出席いただき花を添えていただきましたこと心より感謝申し上げごゆっくりご歓談いただきます様お願い申し上げ挨拶といたします。

お問い合わせ先

総務課 秘書人事係
電話:0276-82-1111(内線 111)
ファクス:0276-82-1300
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。