文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > くらし・手続き > マイナンバー制度 > マイナンバー(個人番号)が必要な手続きについて

マイナンバー(個人番号)が必要な手続きについて

更新日:2017年05月19日

  平成28年1月から社会保障・税番号(マイナンバー)制度が始まりました。役場での各種申請手続きを行うときに、個人番号(マイナンバー)が必要となるものがあります。
  次の一覧表にある手続きで行う際には、個人番号通知カードとともに運転免許証など、本人確認ができるものを持参してください。
  なお、個人番号カードをお持ちのかたは、カードのみで手続きができます。

 個人番号が必要となる申請等手続き一覧表

種  別届 出 等 の 種 類 担当係
住民基本台帳
・戸籍

個人番号カードの交付を受けるとき
転入・転居・転出、戸籍届出による氏名などの変更による住民異動届出
(注釈)個人番号カード等の記載事項が変更となります。
戸籍年金係
(内線231)
国民健康保険
資格異動(加入・変更・脱退)の申請、療養費高額療養費・高額介護合算療養費などの支給申請、被保険者証などの再交付申請、限度額適用認定申請、特定疾病療養受療証申請、第三者行為による傷病届、葬祭費支給申請、出産育児一時金支給申請
 
保険医療係(内線322)
後期高齢者医療 
資格異動(取得・変更・喪失)の申請、療養費・高額療養費・高額介護合算療養費などの支給申請、被保険者証などの再交付申請、限度額適用認定申請、特定疾病療養受療証申請
 
国民健康保険税  国民健康保険税の軽減  住民税係(内線213)
軽自動車税  公益による軽自動車税減免申請、身体障害者等に係る軽自動車税減免申請 
固定資産税
固定資産税減免申請、住宅用地の申告、固定資産税償却資産申告、新築住宅等に対する固定資産税の減額申請など
資産税係
(内線215)
介護保険
介護認定・更新・区分変更の申請、被保険者証等の再交付の申請、負担割合証の再交付の申請、負担限度額の認定の申請、負担限度額認定証の再交付の申請、高額介護サービス費の支給申請、特定福祉用具購入費の支給申請、住宅改修費の支給申請など
介護高齢係 (内線321)
福祉
障害者手帳(精神・身体・療育)に関する申請、特別障害者手当・障害児福祉手当・特別児童扶養手当等に関する申請、補装具費に関する申請、地域生活支援事業に関する申請、障害福祉サービスに関する申請、自立支援(精神通院・更生・育成)医療に関する申請、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の請求など
社会福祉係 (内線311)
子育て  
児童手当の新規認定請求など、児童扶養手当の新規認定請求など、幼稚園・認定こども園・保育所への入所申し込みなど
子育て支援係 
(内線313)

未熟児養育医療の給付申請
保険医療係  (内線326)
母子健康手帳の交付申請(妊娠届出) 保健センター
(82-3757)


(注釈)事務手続きによって個人番号の記入・提示が必要となる時期が異なります。
   詳しくは各担当部署まで、お問い合わせください。

お問い合わせ先

総務課 情報広報係
電話:0276-82-1111(内線 151)
ファクス:0276-82-1300
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。