メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

特別定額給付金のお知らせ(4月27日)

更新日:2020年5月8日

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、一人につき10万円を給付する「特別定額給付金事業」が実施されることになりました。給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されているかたで、受給権者は、そのかたが属する世帯の世帯主となります。

現在、板倉町でも給付に向けた準備を進めていますが、現時点では、総務省ホームページで公開されているのみの情報提供となります。板倉町の申請及び給付日等の詳細が決定次第、ホームページ等で改めてお知らせします。

総務省特別定額給付金コールセンター(総務省設置)

  • 電話 03-5638-5855
    応対時間 午前9時から午後6時30分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
    (注釈)現在、大変多くのお問い合わせにより、電話がつながりにくくなっています。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。

給付金を装った詐欺にはご注意ください!

役所の職員になりすまし、電話やメールで自宅に訪問して「給付金を振り込むので、キャッシュカードの番号や銀行口座番号を教えてください」などの不審な電話等が全国で報告されています。
「国や町などが特別定額給付金の給付のために、手数料の振り込みを求めることは絶対にありません。」
「国や町などがATM(現金自動払機)での操作を行うよう連絡することは絶対にありません。」

(注釈)ご自宅や職場などに国や町などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、館林警察署(電話 0276-75-0110)または警察相談専用電話(電話 #9110)にご連絡ください。

配偶者からの暴力を理由に避難しているかたへの支援について

特別定額交付金の給付にあたり、配偶者からの暴力を理由に板倉町に避難しているかたで、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの住所へ住民票を移すことができていないかたは、手続きをしていただくことで次の措置を受けることができます。

  • 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
  • 手続きを行った人とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。
対象となるかたの要件

次のいずれかに該当するかた

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票を板倉町に移し、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること
申出方法

企画財政課 財政係(板倉町役場庁舎 2階 7番窓口)へ申出書および必要書類を郵送または持参にて提出してください。

申出期限

令和2年4月30日(木曜日)まで

受付時間(持参の場合)

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日は除く)

必要書類

申出書とともに配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかを提出してください。

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令書の謄本または正本
申出書様式
注意事項
  • 申出書は申出期間を過ぎても提出できますが、申出が住民票所在市区町村に到達した時点で、申出者分の給付金を申請した配偶者等に、すでに申出者分の給付金の支給決定通知が行われている場合、申出手続きを行ったかたへの交付はできませんのでご注意ください。
  • 給付金申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。
AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

  • 企画財政課 財政係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6126)
    ファクス:0276-82-1300
  • お問い合せ