文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > くらし・手続き > 年金 > 老齢基礎年金(国民年金)

老齢基礎年金(国民年金)

更新日:2017年06月01日

 原則として25年(300月)以上の受給資格期間を満たしたかたに、65歳から支給されます。

 受給資格期間には、国民年金納付済期間のほか、免除期間、第3号被保険者の期間、厚生年金加入期間、共済組合加入期間も含まれます。

 また、過去の国民年金任意加入可能期間に任意加入しなかった期間などを合算対象期間(カラ期間)といい、受給資格期間に加えることができます。

 届出先は、年金加入時より国民年金第1号被保険者期間のみのかたは、下記問い合わせ先へ、それ以外のかたは、年金事務所へお問い合わせください。

支給額

 20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めたかたは、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。

 保険料を全額免除された期間の年金額は2分の1(平成21年3月分までは3分の1)となりますが、保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。

支給額779,300円(平成29年4月分からの満額)

 詳しくは下記関連リンク「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。 


繰上げ・繰下げ支給(国民年金)

 受給資格を満たしたあと、本人の希望により、老齢基礎年金を60歳から繰り上げて受給したり、66歳以降に繰り下げて受給することもできます。

 支給率は生涯変わりません。ほかにも注意事項がありますので、お問い合わせください。

繰上げ

 減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数 

繰上げ減額率早見表

請求時の年齢0ヶ月1ヶ月2ヶ月3ヶ月4ヶ月5ヶ月6ヶ月7ヶ月8ヶ月9ヶ月10ヶ月11ヶ月
60歳 30.0 29.5 29.0 28.5 28.0 27.5 27.0 26.5 26.0 25.5 25.0 24.5
61歳 24.0 23.5 23.0 22.5 22.0 21.5 21.0 20.5 20.0 19.5 19.0 18.5
62歳 18.0 17.5 17.0 16.5 16.0 15.5 15.0 14.5 14.0 13.5 13.0 12.5
63歳 12.0 11.5 11.0 10.5 10.0 9.5 9.0 8.5 8.0 7.5 7.0 6.5
64歳 6.0 5.5 5.0 4.5 4.0 3.5 3.0 2.5 2.0 1.5 1.0 0.5

 

繰下げ

 増額率=65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までの月数×0.007

 

繰下げ請求の増額率

請求時の年齢増額率
66歳0ヶ月~66歳11ヶ月 8.4%~16.1%
67歳0ヶ月~67歳11ヶ月 16.8%~24.5%
68歳0ヶ月~68歳11ヶ月 25.2%~32.9%
69歳0ヶ月~69歳11ヶ月 33.6%~41.3%
70歳0ヶ月~ 42.0%

 

 詳しくは下記関連リンク「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。 

 

関連リンク

お問い合わせ先

戸籍税務課 戸籍年金係
電話:0276-82-1111(内線 231)
ファクス:0276-82-1767
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。