メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

福祉医療制度

更新日:2022年3月31日

福祉医療制度とは、子ども、重度心身障害者、または母子家庭等のかたに対して医療費(保険診療分)の自己負担額を助成する制度です。

対象者

子ども

15歳になった日以後最初の3月31日まで(中学校卒業まで)。詳しくは下記関連リンクをご覧ください。

子ども(高校生世代)

平成29年4月1日から高校生世代のかたの入院でかかった医療費と食事代も対象としました。詳しくは下記関連リンクをご覧ください。

重度心身障害者(75歳未満で後期高齢者医療に加入していないかた)

下記のいずれかに該当するかたが対象です。

  • 特別児童扶養手当1級 
  • 障害基礎年金1級 
  • 身体障害者手帳1・2級 
  • 療育手帳A判定 

高齢重度障害者(後期高齢者医療該当者)

下記のいずれかに該当するかたが対象です。

  • 障害基礎年金1級
  • 身体障害者手帳1・2級 
  • 療育手帳A判定

母子・父子家庭

下記のいずれかに該当するかたが対象です。

  • 母子、父子家庭のかたで18歳未満の児童を扶養している「母と子」および「父と子」
  • 父母のいない18歳未満の児童  

申請に必要となる書類

申請には下記の書類が必要となります。

  • 対象者の健康保険証
  • 被保険者の市町村民税の課税・非課税が分かるもの(課税年度の1月1日に板倉町に住所のないかたに限る。)
  • 受給要件を満たしていることが確認できる書類(重度心身障害者・高齢重度障害者に限る。)

支給方法

県内の医療機関で受診する場合

福祉医療費受給資格者証を、保険証と一緒に医療機関の窓口で提示してください。医療費(保険診療分)がその場で無料となります。 

県外の医療機関で受診する場合

県外の医療機関では福祉医療費受給資格者証は使用できません。いったん窓口で医療費をお支払いいただき、後日申請することにより、福祉医療費対象額が支給されます。

【後日申請する際に必要なもの】

県外の医療機関で受診し、後日申請を行う場合は下記の書類が必要となります。

  • 医療機関等の領収書
  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給資格者証
  • 振込先のわかるもの(通帳)

このページに関する問い合わせ先

  • 健康介護課 保険医療係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6136)
    ファクス:0276-82-3341
  • お問い合せ