文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 国民健康保険 > 限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)

限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)

更新日:2017年03月08日

 外来・入院の場合で医療費が高額になる場合に「限度額適用認定証」を提示すれば、外来・入院の同一医療機関での支払いが自己負担限度額までになりますので、必要なかたは事前に申請してください。

なお、住民税非課税世帯のかたは「限度額適用・標準負担額減額認定証」となり、食事代なども軽減されます。

申請が必要なかた

 70歳未満のかた

 70歳から74歳で住民税非課税世帯のかた

(注釈)70歳から74歳の住民税課税世帯のかたは、「高齢受給者証」を医療機関に提示するだけで、自己負担限度額までの支払いとなるため、「限度額適用認定証」の申請は必要ありません。

(注釈)国民健康保険税の滞納があると、原則として交付できません。


申請に必要なもの

 国民健康保険証

 印鑑

 世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書

有効期限

申請した月の初日から7月末日までです。継続されるかたは再度申請が必要となります。

お問い合わせ先

健康介護課 保険医療係
電話:0276-82-1111(内線 322)
ファクス:0276-82-3341
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。