文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 熱中症にご注意ください!

熱中症にご注意ください!

更新日:2019年07月02日

熱中症の発症は、7月から8月がピークです。
一人ひとりが熱中症予防について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけましょう。また、周囲にも気を配り、予防を呼びかけ合って熱中症による健康被害を防ぎましょう。
熱中症は、適切な予防をすれば防ぐことができます!

熱中症とは

  • 高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。
  • めまいや立ちくらみ、手足のしびれなどの症状が現れます。重症になると、返事がおかしくなったり、意識消失やけいれんなどが起こります。
  • 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症の予防のポイント

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

水分・塩分補給水を飲んでいるいたくらん
のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給
たくさん汗をかいたら塩分も補給
室内環境の対策
扇風機やエアコンで温度調節
すだれ、遮光カーテン、打ち水を利用
こまめな室温確認
からだの蓄熱を避ける
通気性のよい、吸湿性や速乾性のある衣服を着用
保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす
外出時には
日傘の使用や帽子の着用
日陰の利用、こまめな休憩
天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

注意していただきたいこと

暑さの感じ方は人によって異なります!

  • その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。

高齢者や子どもは特に注意が必要です!

  • 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する調節機能も低下しているので、注意が必要です。
  • 子どもは体温調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。
  • のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調節するよう心がけましょう。

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください!

  • 気温や湿度が高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。

 

熱中症が疑われる人を見かけたら

  • 涼しい場所に避難させる
  • 衣服を脱がせ、身体を冷やす
  • 水分や塩分補給をさせる

ただし、自力で水が飲めない、意識がない場合は直ちに救急車を呼びましょう!

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

健康介護課 健康推進係(保健センター)
電話:0276-82-3757
ファクス:0276-82-3754
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。