メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 予防接種・感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年2月14日

中華⼈⺠共和国湖北省武漢市を中心に、2019年12⽉以降、新型コロナウイルス感染症が発⽣しています。季節性インフルエンザと同様に、石けんを使った手洗いや咳エチケットといった予防対策が有効です。

感染症予防の基本は「石けんを使った手洗い」と「咳エチケット」です

  • 手に付いたウイルスを洗い流すために、石けんを使って丁寧に手を洗いましょう。外出先など、やむを得ず水道が使えない場合は、消毒用アルコールをまんべんなく手に擦り込みましょう。
  • 咳やくしゃみが出る場合は、周りの人にうつさないため、使い捨てマスクをつけてください。マスクをしていないときに咳やくしゃみをする場合は、ティッシュで口と鼻を覆ってください。
  • 予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められません。

相談窓口について

群馬県コールセンター(帰国者・接触者相談センター)

群馬県では、新型コロナウイルスへの感染を心配する県民からの相談に対応するため、令和2年2月10日より各保健福祉事務所に「帰国者・接触者相談センター(コールセンター)」を設置しました。相談の結果、必要なかたには「帰国者・接触者外来」の受診をおすすめします。

  • 受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで
  • 電話番号:0276-72-3230(館林保健福祉事務所)
夜間及び休日は、県守衛室(027-223-1111)経由で県保健予防課職員が対応します。

【帰国者・接触者外来の受診をお勧めするかた】

  1. 発熱又は呼吸器症状があり、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触をしたかた
  2. 37度5分以上の発熱かつ呼吸器症状(せき、たん、のどの痛み等)があり、発症前14日以内に中国湖北省に渡航歴がある又は居住していたかた
  3. 37度5分以上の発熱かつ呼吸器症状(せき、たん、のどの痛み等)があり、発症前14日以内に「中国湖北省に渡航歴がある又は居住していたかた」と濃厚接触歴があるかた
上記以外のかたには、一般医療機関の受診をおすすめします。
上記の条件は変更になることがありますので、その後の発表にも十分ご注意ください。

厚生労働省コールセンター

国では、新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)を設置しています。

  • 受付時間:午前9時から午後9時まで
  • 電話番号:0120-56-5653

外国人観光客向けコールセンター

日本政府観光局では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、365日、24時間、多言語で対応するコールセンター「Japan Visitor Hotline」を開設しており、新型コロナウイルス関連のお問い合わせにも対応しています。
  • 受付時間:365日、24時間
  • 電話番号:050-3816-2787
  • 対応言語:英語、中国語、韓国語、日本語

よくある質問




このページに関する問い合わせ先

  • 健康介護課 健康推進係(保健センター)
    電話:0276-82-3757
    ファクス:0276-82-3754
  • お問い合せ