文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 予防接種・感染症情報 > 風しんにご注意ください

風しんにご注意ください

更新日:2018年09月18日

 現在、例年と比べて関東地方で「風しん」の患者報告数が多くなっています。風しんにかかったかたの多くは30代から50代の男性が占めていました。群馬県内でも風しん発生届が報告されています。今後、感染が拡大する可能性がありますので、正しい知識を身につけ、予防しましょう。

 妊婦や妊娠の可能性のあるかたについては、胎児の「先天性風しん症候群」のおそれもあるため、周りの人から感染しないよう十分な注意が必要であり、職場や家庭での感染防止も大切です。

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。
 風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。
 症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあることから、決して軽視はできない疾患です。
 また、風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、出生児が先天性風しん症候群を発症する可能性があります。

風しんの予防はワクチン接種で! 

風しんの予防のためには、予防接種がもっとも有効な予防方法です。
 予防接種をしていない場合、人混みでの感染の危険性があります。予防接種を受けていないかた、風しんにかかったことがないかた、どちらも不明のかたは、予防接種についてご検討ください。なお、風しんを疑う症状が出た場合は、あらかじめ医療機関に連絡してから受診しましょう。

  予防接種法による、麻しん風しん混合ワクチンの定期接種対象者は1歳児と小学校入学前1年間の幼児です。接種対象年齢となったら、早めに受けましょう。

 板倉町では、妊娠を希望する女性及びその配偶者、妊娠している女性の配偶者のかたへ、風しん予防接種の助成を行っています。詳細は、風しん予防接種の助成についてのページをご確認ください。

 群馬県では、風しんの免疫を確認するための「風しん抗体検査」を無料で実施しています。保健福祉事務所へ事前申請が必要です。詳細は、群馬県ホームページをご確認ください。

関連リンク

お問い合わせ先

健康介護課 健康推進係(保健センター)
電話:0276-82-3757
ファクス:0276-82-3754
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。