文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て > 健診・予防接種 > 麻しん・風しん混合ワクチン

麻しん・風しん混合ワクチン

更新日:2017年04月04日

 かかりつけ医と相談し、適切な時期に接種しましょう。
 予防接種を受けるときは、「予防接種説明書」をよく読んでのぞみましょう。

 

麻しん(はしか)・風しんとは

麻しん(はしか)

 麻しん(はしか)は、空気感染するウイルス性の全身感染症で、感染力が強く、予防接種を受けないと多くの人が感染する病気です。発熱、せき、鼻汁、発しん等を主症状とします。最初の2、3日間は38度前後の熱が続き、その後39度から40度の高熱とともに発しんがでます。発しんは3日から4日で消失しますが、しばらく色素沈着が残ります。
 麻しんウイルスに感染すると、免疫機能が低下するため、肺炎や中耳炎、脳炎などを合併することがあり、脳炎は約1,000人に2人の割合で発生がみられます。また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約5万例に1例発生します。

風しん

 風しんは、飛沫感染する急性のウイルス発しん症です。潜伏期間が2、3週間で、軽いカゼ症状からはじまり、発しん、発熱、頸部リンパ節腫脹などが主な症状です。眼球結膜の充血や肝機能障害などがみられることもあります。発しんも熱も約3日間で治ることから「三日ばしか」とも呼ばれています。まれに、血小板減少性紫斑病(3,000人に1人)や脳炎(6,000人に1人)などの発症が報告されています。
 また、妊婦が風疹ウイルスに初感染すると、胎児に感染して先天性風しん症候群(難聴、先天性心疾患、白内障等)が高い確率で発生しますので、妊娠前に予防接種を受けておくことが大切です。

接種内容

対象

板倉町に住所を有し、かつ下記の年齢のお子さん
 【1期】 1歳から2歳の間にあるお子さん
 【2期】 5歳以上7歳未満で、小学校入学前の1年の間にあるお子さん(いわゆる年長児の期間)

接種時期

各対象年齢の期間に1回接種(ただし、誕生日の前日まで)

接種方法

医療機関で個別接種【要予約】
関連ファイルの「麻しん風しん混合予防接種について」をご覧ください。(記載されていない医療機関で接種を希望する場合は、お問い合せください)

接種料

無料(予診のみの場合は自己負担)

持ち物

予診票(記入済みのもの)、母子健康手帳、健康保険証 (その他、医療機関の指示に従ってください)

その他

  • 保護者以外のかたが同伴する場合は、委任状(予診票裏面)をご記入ください。(ただし、委任されるかたは、お子さんの健康状態を熟知しているかたに限ります)
  • 板倉町に転入した場合は、板倉町の予診票を交付しますので、保健センターまでお越しください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康介護課 健康推進係(保健センター)
電話:0276-82-3757
ファクス:0276-82-3754
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。