文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 施設案内 > 筑波山神社(神明宮)

筑波山神社(神明宮)

更新日:2017年03月08日
神明宮
住所〒374-0133 群馬県邑楽郡板倉町大字岩田2498
創建不詳
史跡・文化財筑波山古墳[町指定史跡]
出土遺物[町指定重要文化財]
祭礼・神事祭礼(1月14日に近い日曜日)
春祭(2月21日に近い日曜日)
秋祭(9月1日に近い日曜日)

 筑波山古墳上に祭祀されており、伝承によると豊城入彦命の孫御諸別王を埋葬したとも、藤原小黒麿を埋葬したとも伝えられています。元々は神明宮(皇太神宮)と呼ばれ大明神として地元の信仰を得ていましたが、昭和8年12月に古墳丘上を社地拡張のため整地のおりに石室より武人の武具一式が出土し、再び埋葬したおりに耕地に災難をこうむることを恐れて霊峰筑波山神社を勧請・合祀し、以後社名を筑波山神社と改称されました。

筑波山古墳 [町指定史跡]
 鍵穴のような形をした前方後円墳で、規模は後円部の径36.0メートル、高さ4.0メートル、前方部の最大幅は36.5メートル、高さ3.5メートルを測り、墳丘全長は53.5メートル、周掘を含めると70.8メートルになります。町内で最も前方後円墳の墳丘が分かる古墳です。築造時期は6世紀後半から7世紀前半と考えられます。

出土遺物 [町指定重要文化財]
 瑪瑙製勾玉、水晶製切子玉、金環、銀環、鉄刀、銀象嵌亀甲繁鳳凰文円頭把頭、銀象嵌鍔などが確認されています。

周辺案内図

(注釈)地図はドラッグ操作でスクロールします。

お問い合わせ先

産業振興課 商工観光係
電話:0276-70-4040
ファクス:0276-70-4041
メールでのお問い合わせはこちら

その他のお問い合わせ先

  教育委員会事務局 生涯学習係
  電話:0276-82-2435(直通)
  ファックス:0276-82-2436