文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 安全・安心 > 耐震・アスベスト > 町営住宅における吹付けアスベスト等の使用について

町営住宅における吹付けアスベスト等の使用について

更新日:2017年08月10日

アスベストとは

 アスベスト(石綿)は繊維状の鉱物であり、熱や摩擦などに強く防音性もあるため、以前は建築材料(吹付け材、断熱材やスレート材など)に広く使用されていました。
 しかし、アスベストは目に見えないくらい細く軽い繊維であるため飛散しやすい特徴があります。知らない間に繊維を吸い込み、アスベストを原因とする健康被害が発生するようになったため、現在では、アスベストが含まれた建材の製造や使用が禁止されています。
 建物の鉄骨部や屋内の天井、壁などに耐火、吸音、断熱のために使用された「吹付けアスベスト」は繊維が露出していて、吸い込む恐れがあるため特に注意しなければなりません。

使用の有無について 

 このたび、公営住宅等に使用された吹付けアスベスト等に関する一連の報道があったため、当町で管理する町営住宅において吹付けアスベストの施工の有無について再度確認した結果、「吹付けアスベストを使用する町営住宅は無い」のでお知らせします。 

管理する町営住宅

団地名 建築年 管理戸数
岩田団地(北・南棟) 昭和53年 5戸
海老瀬団地(北棟) 昭和56年 3戸
海老瀬団地(南棟) 昭和55年 3戸
原宿団地 平成2年 8戸

お問い合わせ先

都市建設課 計画管理係
電話:0276-82-1111(内線 422)
ファクス:0276-82-4062
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。