文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 安全・安心 > 耐震・アスベスト > 木造住宅耐震診断者派遣事業について

木造住宅耐震診断者派遣事業について

更新日:2017年08月04日

昭和56年以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅は、耐震性が不十分な場合があります。
地震により住宅が倒壊すると、中にいる人が危険にさらされるだけでなく、火災の誘発や延焼につながったり、倒壊した住宅が道路をふさいで消火、救助活動の妨げになったりするなど、二次的な被害を招く可能性もあります。
命を守り、二次的被害を広げないためにも、住宅の耐震性を確認、強化しておくことが必要です。

まずは耐震診断を受けましょう

板倉町では、木造住宅の耐震診断を実施しており、現在の住宅の状態が知りたいだけというかたでも受けることができます。お住まいの住宅の耐震性を知り、いつ起こるかわからない大地震に備えるためにも、まずは耐震診断を受けてみましょう。
町の行う耐震診断は内外装を壊さない調査であり、分かる範囲の情報に基づいて住宅の耐震性を診断します。
また、ご自身でも簡易的にできる耐震診断がありますので参考にご利用ください。
なお、診断費用はかかりませんが、派遣する耐震診断者の交通費として千円を実費負担していただきます。
 
誰でもできるわが家の耐震診断(一般財団法人 日本建築防災協会 編集) 

対象となる住宅

耐震診断の対象となる住宅は、板倉町内に存する木造住宅で、次のいずれにも該当するものです。
(1) 昭和56年5月31日以前に着工された一戸建ての住宅又は併用住宅(住宅部分の床面積が2分の1以上のもの)
(2) 平屋建て又は2階建てのもの
(3) 在来軸組工法によって建築されたもの

 (注釈)プレハブ住宅、ツーバイフォー住宅、軽量鉄骨住宅は対象外です。

耐震診断Q&A

Q:耐震診断者とはどんな人?
A:町が委託した群馬県建築士事務所協会の建築士等の専門家です。

Q:日時はどうやって決めるの?
A:お申し込み後、申請者の希望する日時と診断士のスケジュールを調整させていただき、訪問日時を決定します。

Q:どれくらい時間がかかるの?
A:その家の大きさや状態によっても異なりますが、1から2時間くらいで終わります。
  正確でスムーズに調査ができるように、住宅の図面や建築確認等の書類がありましたら事前に準備しておいてください。

Q:調査内容は?
A:外観調査や内観調査(建物の老朽化の確認)、建築確認等の設計図書と現地との照合、地盤の状態や基礎の劣化等の確認、
  屋根の重さや壁の強さ、配置バランスなどを現地で調査して診断します。

申請書類

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連サイト

お問い合わせ先

都市建設課 計画管理係
電話:0276-82-1111(内線 422)
ファクス:0276-82-4062
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。