文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 郷土芸能と伝統行事 > 山口大杉神社の囃子(やまぐちおおすぎじんじゃのはやし)

山口大杉神社の囃子(やまぐちおおすぎじんじゃのはやし)

更新日:2012年12月12日

 海老瀬山口の大杉神社の御輿(みこし)と囃子(はやし)が何時ごろから始まったかは不詳ですが、口承によると通り耕地にあった御輿を譲り受けたものであるということです。

 現在でも、当時譲り受けの仲介をした通りの土橋家まで挨拶に行き、村々の人口4ヶ所の境へいって御輿を揉み、囃します。

 疫病、農作物の病害虫、流行びょうの入村を封じ込め、村内の平穏を願います。

お問い合わせ先

教育委員会 生涯学習係
電話:0276-82-2435
ファクス:0276-82-2436
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。