文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 板倉町議会 > 議会改革への取り組み > 議会による事務事業評価

議会による事務事業評価

更新日:2016年10月31日

平成28年9月20日、町長へ事務事業評価結果に基づく提言書を提出しました。



2016 事務事業評価提言書提出
 
 提言内容

   板倉町議会基本条例運用基準第2条に基づき、平成28年8月24日から9月13日まで
の間、予算決算常任委員会を5回開催し、各議員が1事業を
選出して全体で12事業に
ついて、平成27年度事務事業評価を実施いたしました。

   評価にあたっては、各議員が事業選定の主旨を述べ、各課局長等から事業内容の説
明を受けた後に質疑応答を行い、各議員が項目別評価の評価点を決定し、全員の
評価
点を合計して今後の方向性を3段階に分けました。
 
その結果、現状のまま継続すべき事業として2事業、見直しのうえ継続すべき事業
として10事業、 廃止すべき事業はありませんでした。

 事業ごとの評価結果の詳細は、別添の事務事業評価結果のとおりでありました。こ
の評価結果を議会の合議として、次年度以降の予算編成に
反映していただきますよう
提言いたします。


現状のまま継続すべき事業(2事業)

  • 館林地区消防組合負担金
  • 不妊治療費助成事業

 

見直しのうえ継続すべき事業(10事業)

  • 用地管理事業(未登記処理業務)
  • 防犯活動推進事業
  • 婚活応援事業
  • 各公民館の教育支援体制等構築事業
  • 農業後継者対策事業
  • 多面的機能支払交付金事業
  • 観光振興事業
  • 配食見守りサービス事業
  • 下水道維持管理事業
  • ごみステーション管理事業

 

廃止すべき事業(該当なし)

 

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

議会事務局 庶務議事係
電話:0276-82-1111(内線 511)
ファクス:0276-80-4004
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。