文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育 > 平成31年度 保育所・認定こども園 入所児童募集

平成31年度 保育所・認定こども園 入所児童募集

更新日:2018年10月02日

 平成31年度の保育所・認定こども園(保育部分)の入所児童を募集します。
 現在、保育所・認定こども園に在籍しているかたは、各施設を通して通知します。

保育の必要性の認定について

 「保育の必要性」の認定

  【保育所】・【認定こども園(保育部分)】の利用を希望する保護者のかたに、利用のための認定を受けていただきます。
  お子さんの年齢や、保護者の就労状況、家庭状況などから町が保育の必要性を判断し、「保育の必要性」の認定を行います。
  認定後は、支給認定証を交付します。

3つの認定区分   

認定区分 年 齢 保育の必要性 対 象 者 主な利用先
1号認定 満3歳以上 なし 保育を必要とせず、幼稚園や認定こども園
などで教育を希望されるかた
 
 例)両親のどちらかが専業主婦(夫)の場合

   など、家庭でお子さんを保育することが
   できる場合
 幼稚園
認定こども園
2号認定 満3歳以上 あり  保護者の就労や病気などの理由で、家庭に
おいて必要な保育を受けることが難しいかた
 
 例)両親が共働き(もしくは、ひとり親で働
   いている)の場合など、家庭でお子さん
   を保育することができない場合 
【保育所】
【認定こども園】 
3号認定 満3歳未満 あり

 

2号・3号認定について

 2号・3号認定のお子さんは保護者の就労時間などにより、【保育所】・【認定こども園(保育部分)】の利用時間(保育の必要量)が決まります。

区 分 利 用 時 間 基 準
保育標準時間」認定 1日最大11時間の中で、必要となる保育時間 月120時間以上の就労
保育短時間」認定 1日最大8時間の中で、必要となる保育時間 月64時間以上120時間未満の就労

 

入所基準 

 町内在住で、児童の保護者が次のいずれかの事情にあり、家庭では日中の保育が困難な状況にある児童。

 (1)就労
 (2)妊娠・出産等
 (3)育児休業中の継続利用
 (4)保護者の疾病・障害
 (5)同居親族等の介護・看護
 (6)災害復旧
 (7)求職活動
 (8)就学
 (9)虐待やDVのおそれがあること

申込方法


 必要事項を記入した「支給認定申請書兼保育所等入所申込書」及び必要書類(保育ができないことを証明する書類)を、入所を希望する保育所・認定こども園の申込日に、提出してください。 
 その際に面接をしますので、お子様と一緒にお越しください。

  (1)北保育園       平成30年10月22日(月曜日) 午後1時30分から午後3時30分
  (2)板倉保育園      平成30年10月24日(水曜日) 午後1時30分から午後3時30分
  (3)そらいろ保育園    平成30年10月25日(木曜日) 午後1時30分から午後3時30分
  (4)まきば幼稚園     平成30年10月26日(金曜日) 午後1時30分から午後3時30分

 やむを得ず申込日に来られないかたは、10月1日(月曜日)から10月31日(水曜日)までに、必要書類を役場福祉課子育て支援係にご提出ください。
 別途面接日をご案内します。

(注釈)(3)(4)は認定こども園ですので、保育部分が対象です。
    認定こども園の幼稚園部分を希望する場合は、直接、認定こども園へお申し込みください。

 申込書及び入所案内は役場福祉課、町内各保育所・認定こども園、児童館、保健センターで配布しています。                                  

入所の内定

 世帯状況、就労状況などを総合的に審査して、平成31年1月頃までに通知いたします。                                  

 

お問い合わせ先

福祉課 子育て支援係
電話:0276-82-1111(内線 313)
ファクス:0276-82-3341
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。