文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 行政情報 > 町長の部屋 > 活動記録 > 平成24年度 > 脚折雨乞行事の観覧

脚折雨乞行事の観覧

更新日:2017年05月24日

 8月5日(日曜日)、脚折雨乞行事の観覧のため、埼玉県鶴ヶ島市に行ってきました。

 脚折雨乞(すねおりあまごい)は埼玉県鶴ヶ島市に伝わる雨乞い行事で巨大な蛇体を作って町をねり歩き、雷電池(かんだちがいけ)へ導くことで降雨を祈願する祭りです。

 特別観覧席を用意していただき、壮大な行事を堪能しました。

 昨日、鶴ヶ島市から板倉の雷電神社の水をとりその水を使いました。

 かつて鶴ヶ島市の雷電池には雷や雨をつかさどる大蛇が棲んでおり、ほとりの雷電社に祈れば必ず雨が降ると言われていました。

 しかし寛永年間の新田開発により池は狭くなり、大蛇が板倉の雷電神社の池に移ってしまったため、以後は雨乞いの効果がなくなってしまった。

 そこで板倉の雷電神社で降雨祈願をしてそこの池の水を持ち帰ったところ、たちまち空が曇りやがて雨が降ったという伝承です。

脚折雨乞行事1脚折雨乞行事2

お問い合わせ先

総務課 秘書人事係
電話:0276-82-1111(内線 111)
ファクス:0276-82-1300
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。