文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > よくある質問 > 届出・証明・年金・相談 > 本人の知らない間に戸籍の届出が出されそうです。受理されないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

本人の知らない間に戸籍の届出が出されそうです。受理されないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

更新日:2014年03月18日
本人の知らない間に戸籍の届出が出されそうです。受理されないようにするにはどうしたらよいでしょうか?
平成20年5月1日より、「婚姻」「離婚」「養子縁組」「養子離縁」「認知」の5つの届出については、「本人が来庁し、本人であることが確認できない限り、届出を受理しないよう」申出することができるよう戸籍法が改正されました。
不受理申出の要件は、「本人出頭」と「本人であることが確認できること」が要件となりますので、申出される場合は本人確認書類(運転免許証等)を持参の上、窓口で申出書を提出してください。
なお、不受理申出は「取下げ」をしない限り有効となりますので、必要なくなった場合は、「不受理申出取下書」の提出が必要となります。

お問い合わせ先

戸籍税務課 戸籍年金係
電話:0276-82-1111(内線 231)
ファクス:0276-82-1767
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。