文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 風しん予防接種の助成について

風しん予防接種の助成について

更新日:2017年05月31日

 板倉町では、胎児の先天性風しん症候群の予防を目的に、風しんの予防接種への費用一部助成を行っています。 

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんウイルスに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群を持って生まれてくる可能性があります。 妊娠中の女性は予防接種を受けられないため、妊婦の配偶者が風しんを発症しないように予防することが大切です。

対象者

 板倉町に住所を有し、次に該当するかた

  1. 妊娠を希望または予定している女性
  2. 妊娠を希望または予定している女性の配偶者
  3. 現在、妊娠をしている女性の配偶者

  ただし、次のかたは除きます

    1. 風しんの罹患歴のあるかた
    2. 風しんまたは麻しん風しん混合ワクチン接種を2回接種したかた
    3. 妊娠中または妊娠している可能性のある女性

助成額

 助成は次のどちらか1回限りです。

  1. 麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種 5,000円
  2. 風しん単独ワクチン接種 3,000円 

  生活保護などの世帯は助成額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

助成方法

  1. 医療機関に相談のうえ予防接種を受ける
  2. 予防接種の領収書を添えて、保健センターに助成の申請書を提出する
  3. 町から助成金額を指定口座(申請書に記載する)へ振り込む

申請時に持参するもの

  1. 予防接種領収書(レシートは不可)
  2. 振込先口座がわかるもの(通帳またはその写し)
  3. 印鑑(認め印)
  4. 母子健康手帳(妊娠中の女性の配偶者の場合は、妊婦の母子健康手帳を持参してください)

接種にあたっての注意

  • 妊娠中または妊娠している可能性のあるかたは、風しんワクチン接種はできません。また、ワクチン接種後2か月間は妊娠を避けることが必要です。
  • 大人の風しん予防接種は、予防接種法に基づかない任意接種であり、接種を強制するものではありません。

予防接種後の健康被害について

 任意接種により健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済措置、また、板倉町予防接種事故災害補償規程に基づく救済措置の対象となる可能性があります。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

健康介護課 健康推進係(保健センター)
電話:0276-82-3757
ファクス:0276-82-3754
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。