文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 観光・産業 > 計量 > 計量

計量

更新日:2015年02月13日

 計量はあらゆる分野において活用され、重要な役割を果たしています。特に取引や証明行為が正しく行われるためには、使用中の計量器の精度や性能が一定以上であることが必要です。このため、計量法では取引・証明に使用する計量器について、2年に1回の検査を義務付け、常に正確な計量ができるよう定期検査制度を定めています。 群馬県では、検査の時期を地域ごとに偶数年と奇数年で分けており、板倉町は偶数年に、指定定期検査機関「一般社団法人群馬県計量協会」への委託により実施しています。

 

検査対象となる「はかり」計量器

 定期検査の対象となるはかりは、取引や証明のために使用されるはかりです。例として以下の4項目があります。

 1.学校、幼稚園、保育園、病院、保健所等で体重測定に使用するもの
 2.病院、薬局、診療所等で調剤に使用するもの
 3.農家・農協等で農産物の出荷に使用するもの
 4.商店、工場等で業務用に使用するもの

おもな特定計量器と定期検査手数料

 おもな特定計量器と定期検査手数料は以下のとおりです。

計量器の種別 非自動はかり
計量器の種類 手動はかり(分銅・おもり付、懸垂式) 電気式、光電式はかり 棒はかり・手ばかり
(直線めもりのばね式はかり)
ひょう量 100キロ
グラム以下
100から250
キログラム
250から500
キログラム
100キロ
グラム以下
100から250
キログラム
250から500
キログラム
金額(1台・個) 500円 900円 1,500円 1,400円 1,700円 2,300円 280円
分銅・おもり 1個 10円

 1.分銅・おもり付はかりを検査の場合は、本体の検査手数料のほか、分銅・おもりの検査手数料が必要です。 
 2.非自動はかりについては、1目盛の値が10ミリグラム以上のものに限ります。
 3.非自動はかりにおいて、最小の1目盛の値がひょう量の1万分の1未満となるものについては、手数料が2倍になります。

定期検査済証明について

 定期検査に合格した特定計量器には 『検査済証印』 『検査年月日』 『検査実施機関名』 が表示された定期検査合格シールを貼付します。

検査実施機関

 一般社団法人 群馬県計量協会
 〒379-2152 群馬県前橋市下大島町81-13(群馬県計量検定所内)
 電話:027-263-8217
 ファクス:027-261-9317
 Eメール:gunkeikyo@dan.wind.ne.jp

関連リンク

お問い合わせ先

産業振興課 商工観光係
電話:0276-70-4040
ファクス:0276-70-4041
メールでのお問い合わせはこちら

その他のお問い合わせ先

  一般社団法人 群馬県計量協会
  〒379-2152 群馬県前橋市下大島町81-13(群馬県計量検定所内)
  電話:027-263-8217
  ファクス:027-261-9317
  Eメール:gunkeikyo@dan.wind.ne.jp

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。