文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 小・中学校 > 板倉町立小学校適正規模・適正配置基本計画

板倉町立小学校適正規模・適正配置基本計画

更新日:2017年05月22日

 全国的に少子化が進む中、板倉町においても児童数の減少による小学校の小規模化が進行しています。小規模校では人間関係や学習面で互いの評価が固定されやすくなり、向上心や競争心に問題が生じやすくなります。また、クラブ活動や委員会活動などの選択肢の幅が狭くなり、様々な経験を積むことのできる場が限られてきます。その他、教員の配置数が少なくなるため、現実に学年研修や校務分掌などの面で教員に無理がかかり、その結果として、教育を受ける子どもたちにも影響が出ることが考えられます。
 このような状況を踏まえ、板倉町教育委員会では平成26年度に「板倉町立小学校の適正規模・適正配置に関する検討委員会」を設置し、諮問を行い、答申を受けました。板倉町教育委員会では、検討委員会からの答申を基に「板倉町立小学校適正規模・適正配置基本計画」を策定しました。

 

板倉町立小学校適正規模・適正配置基本計画の改定について

 平成29年2月6日(月曜日)に開催された第2回板倉町立小学校再編準備委員会において、北小学校を西小学校へ再編する時期を平成30年4月から、平成32年4月へ変更し、平成32年4月に北小学校を西小学校、南小学校を東小学校へ同時期にそれぞれの小学校を再編する案が承認されました。再編準備委員会での承認を受け、平成29年2月23日(木曜日)に開催した教育委員会議において、板倉町立小学校適正規模・適正配置基本計画の改定を正式に決定しました。

基本計画概要

1 小学校の適正規模を1学年2学級から3学級、全体で12学級から18学級とする。

2 小学校4校を2校に再編する。

3 学校再編により生じる遠距離通学者についてはスクールバスによる通学を基本とする。

4 平成32年4月を目途に小学校4校を2校に再編する。

5 小学校の再編を円滑に進めるため、再編準備委員会を設置し、関係者と協議を行う。

 

改定後の基本計画は下記の関連ファイルよりご覧いただけます。

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

教育委員会 総務学校係
電話:0276-82-1111(内線 611)
ファクス:0276-80-4004
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。