文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 郷土芸能と伝統行事 > 長良神社弓取式

長良神社弓取式

更新日:2013年01月04日

 毎年、1月10日前後の日曜日に岩田長良神社で「弓取式」が行われます。テレビや新聞の取材を受け、多くの人が訪れる行事です。

 10歳前後になる男子により行われますが、弓は空木(うつぎ)で、矢は篠竹でつくり的を立てます。

 大世話人が「テンピョウブレ、マンピョウブレ」と叫んで、天に向かって矢を射ると、次に子どもたちが一斉に的めがけて矢を放ちます。

 この行事は、この地方を築いた土豪集団が元服による流鏑馬(やぶさめ)のような尚武的成人式と考えられ、いつの頃からかそれが一般庶民の行事に、変化してきたようです。

長良神社弓取式

お問い合わせ先

教育委員会 生涯学習係
電話:0276-82-2435
ファクス:0276-82-2436
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。