メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

自立支援医療制度

更新日:2017年2月14日

自立支援医療制度とは 

 自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。大きくわけて、下記の三つに分類されます。

 精神通院医療

  精神疾患により、継続的な通院による治療が必要なかたに対し、その医療費の一部を公費負担する制度です。

 更生医療

 18歳以上の身体障害者のかたで、障害の除去や改善、あるいは障害の程度を軽減させる治療を受けるかたに対し、その医療費の一部を公費負担する制度です。 

育成医療

 18歳未満の児童で、手術などで確実な治療効果が期待できる児童に対し、その医療費の一部を公費負担する制度です。

申請方法

 補助を受けるには、治療を受ける前に申請が必要になります。

 詳しくは、福祉課社会福祉係にお問い合わせください。

利用者負担

 原則1割負担ですが、所得状況により自己負担額の上限が設定されます。

 詳しくは、下記の関連ファイル「自立支援医療における利用者負担の基本的な枠組み」をご覧ください。

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

  • 福祉課 社会福祉係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6133)
    ファクス:0276-82-3341
  • お問い合せ