メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

療養費等の支給

更新日:2020年9月4日

いったん全額を自己負担する次のようなときは、「療養費支給申請書」を記入して申請すると、内容を審査し、保険給付分(7割から8割)が支給されます。

内容
説明
申請に必要なもの
自費診療
やむを得ない理由で、保険証を使わずに治療を受けたとき 診療内容のわかるもの、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書
はり・きゅう・マッサージ 医師の指示で、あんま、はり、きゅう、マッサージなどの施術を受けたとき 医師の同意書、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書
輸血の生血代 手術などの際に、他人の生血を輸血したとき 医師の同意書、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書
治療用装具代 治療上、必要があってコルセットなどを装着したとき 医師の同意書、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書、(靴型装具は、実際に装着することがわかる写真)
海外療養費 海外渡航中に治療を受け、日本に戻ってきたとき(治療目的での渡航の場合を除く)ただし、国保が必要と認めたときに限ります 診療内容のわかるもの(日本語の翻訳が必要)、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、パスポートや航空券等、現地医療機関に問い合わせる本人同意書、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書
移送費 重病人の入院や治療に必要な転院など、移送費用がかかったとき。ただし、国保が必要と認めたときに限ります 医師の意見書、領収書、保険証、世帯主の印鑑、振込先の口座番号などがわかるもの、世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カードと身分証明書
AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

  • 健康介護課 保険医療係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6136)
    ファクス:0276-82-3341
  • お問い合せ