メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

渡良瀬川

更新日:2020年10月7日

栃木県日光市と群馬県沼田市との境にある皇海山(すかいさん)に源を発し、足尾山塊の水を集め草木ダムを経て南西に流れます。群馬県みどり市で南東へ向きを変えるとおおむね群馬、栃木の県境付近を流れ、さらに南と向きを変え茨城県と埼玉県の県境をへ流れながら利根川に合流します。

北関東を流れる利根川水系利根川支流の一級河川で、流路延長は107.6キロメートルと利根川の支流中で小貝川に次いで第3位の長さを誇り、流域面積は2,621キロ平方メートルと利根川の支流中では最大となります。
板倉町除川の渡良瀬川河川敷には「板倉グライダー滑空場」がありグライダーが大空に飛び立つのを見ることができます。

  • 渡良瀬川の画像

    渡良瀬川

このページに関する問い合わせ先

  • 産業振興課 商工観光係
    電話:0276-82-1111(ダイヤルイン 82-6139)
    ファクス:0276-82-2758
  • お問い合せ