文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > くらし・手続き > 暮らし > ペットを飼うとき

ペットを飼うとき

更新日:2016年06月06日

犬の登録と狂犬病の予防

 生涯に1回の登録と、年1回の狂犬病予防注射を受けましょう。また所有者の変更、転出、転居、または犬の死亡等があったときは、環境係(資源化センター)へ届け出てください。

つないで飼いましょう

 放し飼いは、他人に危害や迷惑をかけます。昼、夜ともに放し飼いはやめて、つなぐか、おりに入れて飼いましょう。
 もし飼っている犬が迷子になって動物愛護センターに保護された場合、引き取りに際して、返還手数料4,000円と印鑑が必要となります。
 大切な愛犬が迷子にならないよう、しっかりとつないで飼いましょう。

"フン"の始末

 板倉町では平成17年10月から「美しいまちづくり条例」を制定し、ごみのポイ捨てや、フンの放置に関して罰則を設けました。
 散歩中の犬のフンは飼い主の責任で持ち帰りましょう。

猫の飼育について

 最近、猫に関する苦情が増えています。
 他人に迷惑をかけないよう、屋内で飼育しましょう。
 子猫を望まないなら、去勢、不妊手術をしましょう。
 エサをやるだけの無責任な飼い方はやめましょう。

絶対に捨てないで

 平成24年9月に動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(改正動物愛護管理法)が公布され、平成25年9月1日より施行されました。
 改正動物愛護管理法では、動物の飼い主は、その動物が命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があることが法律上明確にされました。
 犬や猫も家族の一員です。最後まで面倒をみましょう。捨てることは野犬や野良猫となり、人に危害や迷惑をかけることになりますので、絶対に止めましょう。

ペットが亡くなったら

 館林市斎場で小動物の火葬ができます。希望されるかたは、館林市斎場までお申込みください。

申込先 館林市斎場(電話:0276-72-1742)
小動物   大(10kg以上) 9,720円
小(10kg未満) 6,480円

 

動物愛護センターについて

 群馬県では動物愛護行政の強化・充実のため、これまで各保健福祉事務所で受け付けていた犬の捕獲や犬猫の引取・相談業務が、平成27年7月1日から動物愛護センターとその出張所に集約されました。板倉町においては、館林保健福祉事務所から動物愛護センター東部出張所(太田市)へ変わりました。
 また、動物取扱業の登録や特定動物飼養許可等の事務も、動物愛護センター本所(玉村町)へ受付窓口が変わりました。詳しくは、下記のリンク先ホームページをご覧ください。

名称 住所 電話
動物愛護センター本所 佐波郡玉村町樋越305-7 0270-75-1718
動物愛護センター東部出張所 太田市西本町41-34 0276-55-0731

関連リンク

お問い合わせ先

環境水道課 環境係(資源化センター)
電話:0276-82-5371
ファクス:0276-82-5300
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。