メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
板倉町

トップページ > 観光・産業 > 企業立地 > 板倉ニュータウン産業用地

板倉ニュータウン産業用地

更新日:2019年10月8日

板倉町では、企業の皆様のニーズやご要望に的確かつ迅速に対応すべく、商工誘致推進室を設置するとともに、税制面、雇用面、環境対策等において町独自の優遇制度をご用意し、企業の皆様の進出を全力でバックアップする体制を整えています。

産業用地ドローン画像

都心まで約60分の好立地

板倉ニュータウン産業用地は、東北自動車道「館林インターチェンジ」まで約10分、そこから東京都心まで約60キロメートル、約60分のアクセスを有しています。北関東自動車道の全線開通により高速道路網の十字軸が完成し、さらに圏央道の整備により首都圏や東海、関西地方までのアクセスが格段に向上したため、物流拠点としての立地にも最適です。また、電車でも、直近の東武日光線「板倉東洋大前駅」から北千住まで約60分、東京駅まで約90分と、車でも電車でも都心へアクセスしやすい好立地です。

企業誘致 高速交通ネットワーク

板倉ニュータウン産業用地の特長

当産業用地は、すべての区画において平坦な地形のため、工場等建物のレイアウトに高い自由度があります。また、インフラ面では、上水道・下水道が完備しているほか、群馬県企業局の東毛工業用水給水対象地域のため、豊富な水源を有し、安定的な水供給が可能な産業用地です。

企業誘致 空撮.jpg

分譲区画のご案内

分譲区画の概要については、群馬県企業局ホームページをご覧ください。

板倉町の優遇措置

産業用地に進出する事業者の皆様に町独自の優遇措置があります。ぜひご活用ください。

  産業施設 商業施設
対象 建築基準法で定める準工業地域の用途及び板倉ニュータウン地区地区計画に適合するもの  商業的な活動を行うため商品やサービスを提供する店舗などで規則で定めるものに適合するもの
(ショッピングセンター、ショッピングモール、ホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストア、文具店、衣類等物販店等の小売業及び飲食店とし、建築基準法で定める商業施設の用途並びに準工業地域の用途及び板倉ニュータウン地区地区計画に適合するもの)
対象者の要件 群馬県企業局から土地を取得、または賃貸借契約を締結し、3年以内に工事に着手した場合 産業施設と同じ
税制支援 対象
事業者
日本標準産業分類に掲げる製造業に属する事業者 製造業に属さない事業者  -
交付額 土地、家屋及び償却資産に係る固定資産税額の15パーセントの額を交付
ただし、「板倉町地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化のための固定資産税の課税の特例に関する条例」による課税免除に該当する場合には、その部分については適用しない。
土地、家屋及び償却資産に係る固定資産税額の10パーセントの額を交付 土地、家屋及び償却資産に係る固定資産税相当額を交付
期間 操業開始後の課税初年より5年間 産業施設と同じ
雇用奨励 要件 新規に雇用した者で、事業開始以前から本町に居住し、事業開始日から1年以上継続して雇用されている人数(パートを含む)に10万円を乗じた額を交付(1回限り)  産業施設と同じ
限度額 300万円  産業施設と同じ
緑化奨励 要件 -  緑化に要する経費の30パーセントを交付
(1回限り)
限度額 -  300万円
環境対策奨励 要件 地球温暖化対策に要する経費のうち、国及び県等からの補助金を控除した額の30パーセントを交付(1回限り)
ただし、自動車購入は除く 
産業施設と同じ
限度額 300万円  産業施設と同じ

 

周辺案内図

  • 自動車をご利用の場合:東北自動車道「館林インターチェンジ」より約6キロメートル
  • 鉄道をご利用の場合:東武日光線「板倉東洋大前駅」より約2キロメートル
    企業誘致 板倉町案内図

このページに関する問い合わせ先

  • 産業振興課 誘致推進係
    電話:0276-70-4040
    ファクス:0276-70-4041
  • お問い合せ