文字サイズ
標準
表示色
標準色
ハイコントラスト
ローコントラスト

トップページ > くらし・手続き > 暮らし > 土地

土地

更新日:2012年12月29日

市街化区域と市街化調整区域

 町内は、都市計画法により昭和52年8月31日から、市街化区域(計画的に市街化を促進する地域)と市街化調整区域(市街化を抑制する区域)とに区分されています。

 市街化調整区域では一定の条件のもと農家の分家住宅など以外は開発が認められていません。

 また、市街化区域では1,000平方メートル以上、市街化調整区域ではすべての開発行為について、群馬県の許可が必要となります。

用途地域

 市街化区域内は、土地利用の実態や動向をふまえ良好な市街地形成を目的として、いくつかの用途地域に分けられています。

用途地域容積率建ぺい率
第一種低層住居専用地域
(層住宅の専用地域として住環境の保護、整備を図る地域)
80% 40%
第一種中高層住居専用地域
(中高層の住宅地として住環境の保護、整備を図る地域)
200% 60%
第一種住居地域
(住環境を保護するための区域で、大規模な店舗、事務所等を制限する地域)
200% 60%
近隣商業地域
(近隣住民のための店舗や、その他業務の利便の増進を図る地域)
200% 80%
商業地域
(商業、業務等の集中立地を図る地域)
400% 80%
準工業地域
(環境の悪化をもたらす恐れのない工業の利便性を図る地域)
200% 60%
工業専用地域
(工場の集積度が高く、住宅の立地を防止すべき地域)
200% 50%

町内には次の5つの地域は、該当がありません。
(第二種低層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第二種住居地域、準住居地域、工業地域 )
用途指定のない地域(市街化調整区域)では、容積率200%、建ぺい率70%となります。

地区計画

 板倉ニュータウン地区については、住環境の悪化を防止し良好な市街地の形成や維持・保全を図るため、都市計画法の地区計画制度により建築物等の用途、敷地面積の最低限度、壁面の後退、建築物等の形態・意匠、垣根や柵の構造について制限を定めています。

 したがって、板倉ニュータウン内での建築物等の新築、増改築などを行う場合は、着工の30日前までに都市計画係へ届出の手続きが必要となります。

関連リンク

お問い合わせ先

都市建設課 計画管理係
電話:0276-82-1111(内線 422)
ファクス:0276-82-4062
メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?(必須)
このページは探しやすかったですか?(必須)
このページに対する意見等を聞かせください。(必須)
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。